AKITA UNIVERSITY OF ART
Webオープンキャンパス2021
秋田公立美術大学大学院
アーツセンターあきた

新着情報

  • 2021/10/12
    お知らせ
    イベント
    「秋田はなぜだか凄くなる!」激励メッセージが届きました!(藤先生)
  • 2021/10/11
    お知らせ
    イベント
    学外活動
    卒業生グループ展「ななてん」開催(10/27~31)
  • 2021/10/07
    お知らせ
    イベント













    上品で落ち着いた雰囲気のお皿

    珍しい黒土で作られた器。
    手描きの葡萄が表と側面に配置されています。
    成生窯高井晴美先生のオリジナル作品。

    お皿サイズ:直径16.5cm 高さ3.5cm


    生まれ育ったまちの景色を作品に

    舞鶴市の中でも北東部、大浦半島の先端に位置する成生(なりゅう)という漁村で生まれ育ちました。
    舟屋が並び、ブリの名産地としても知られている集落です。
    「今日の波はどうかなぁ」と波の音を子守歌のように聞きながら眠りについたものです。
    そんな海のある日常が、創作活動の基盤になっています。

    「日展」入選16回ほか多数受賞

    京都の窯元でその道一筋の先輩方に混ざって絵付けの修業をしていました。
    繊細な模様を描くことも好きで、師事していた先生が日本最大の総合美術展覧会である日展の理事を務めていらっしゃったことから、日展に出品したい!という思いで修業を積み重ねてきました。
    念願が叶い、故郷で「成生窯」を開き沢山の作品がここから旅立っていきました。

    東日本大震災の支援から生まれた縁

    海の側で生まれ育ち、大震災が他人事とは思えなかった10年前。
    誰のために何ができるのか。
    市内で行ったチャリティー展をはじめ、カップやお皿等を車に載せて現地に赴いたり、
    作品を作る土を送りひまわりの種を植える手伝いをし、
    孤児となった子どもたちが18歳になるまで支援を続けてきました。
    2021年、一区切りとなる年ですが作品の売り上げの大半は義援金として東北へ送られます。

    人それぞれに役割がある

    陶芸を通して人のお役に立てることが私の喜びです。
    展覧会に出品した作品は特に思い入れがあり手元に残しておきたかったのですが、大事にしてもらえる方にお譲りすることで、生きた証を残したいと思うようになりました。
    舞鶴の自然を身近に感じていただけたら幸いです。



    ※モニターの発色具合によって実際のものと色が異なる場合があります。


    =検索ワード=
    和食器 食器 陶器 陶芸 作家 陶芸家 来客用 工芸品 焼き物 手しごと 工芸美術 震災孤児支援  お皿 小皿 絵付け 花柄 工芸品 焼き物 手しごと 一点モノ 工芸美術 震災孤児支援 舞鶴 京都府 まいづる 1枚 ぶどう 葡萄 フルーツ 果物 柄 アート アート作品 手書き





    ・ふるさと納税よくある質問
    ・寄付申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。寄付者の都合で返礼品が届けられなかった場合、返礼品等の再送はいたしません。あらかじめご了承ください。
    ・この商品はふるさと納税の返礼品です。スマートフォンでは「購入手続きへ」と表記されておりますが、寄付申込みとなりますのでご了承ください。
    学外活動
    本学「粘菌研究クラブ」が〈rooms 43 クリエイティブの祭典〉に出展します(10/21~23)
  • 2021/10/05
    お知らせ
    イベント
    ビジュアルアーツ専攻3年生課題展「SEEDs」開催(10/14~19)
  • 2021/10/04
    お知らせ
    入札
    秋田公立美術大学自動販売機設置場所貸付の公募型指名競争入札の参加者を募集します

秋田公立美術大学の特徴

秋田公立美術大学は社会の大きな変動に呼応し、
古い概念にとらわれることなく新しい芸術領域の創造に挑戦する大学です。
自然と伝統文化に恵まれた秋田の文化的資源を活用し、
芸術のもつ可能性、公共性を探求し、秋田から全国、世界へと、
自らの芸術的感性と創造性をいかす社会に貢献する人材を送り出します。